STARTUP DESIGN

「シリアルアントレプレナーに負けないくらいの強い会社を作ろう!」が基本コンセプト

ブランディングを実践するための基本的な考え方

ブランディングとは何なのか、なぜ重要なのか。この辺の話は頭ではなんとなく理解していても、実際言葉にしたり実行したりするのは難しいものです。正しく伝えるべきタイミングで正しく意図が伝えられるように、少しまとめておくことにします。

 

ブランド(Brand)とは何なのか

 

ブランディングの前に、そもそもブランドとは何なのかについて理解する必要があります。

ブランドとは「らしさ」です。どこかの企業が新製品や広報戦術や採用戦術を目にした時に、「あの企業らしい」となる状態がブランドイメージです。

ブランドの構成要素には以下のようなものが含まれています。

  • 理念としての存在意義
  • ビジョンという目指す未来
  • 創業から今日までのコーポレートストーリー
  • 大切にしている行動指針や社是、社風、価値
  • USP(Unique Selling Proposition=競合優位性)の明確化 

引用元:ブランドファースト 中小・ベンチャーの成長はブランドから始まる

 

ブランディング(Branding)とは何なのか

 

ブランディングとは、ブランドの構成要素について、一貫性を持たせながら洗練させていく取り組みのことです。

「Brand + ing」という単語の作りが示すように、実践的かつ具体的な活動を指します。抽象的な概念であるブランドと、その実践であるブランディングと同一視すると、混乱の原因になるかもしれません。

ブランディングには、社内向けのインナーブランディングと社外向けのアウターブランディングの2つがあります。

ビジョンをいかにして社内のメンバーに浸透させるか、といったインナーブランディングの課題は、ベンチャー界隈では以前からよくテーマとして採り上げられていました。最近はそれだけでなく、インナーブランディングによって生み出された価値をいかにしてアウターブランディングに転換していくか、という所に課題がシフトしてきている感じがします。

 

なぜブランディングが重要なのか

 

ブランディングが重要な理由を端的に書くと、企業活動のコストを下げるためです。ブランディングを疎かにすると、次のような形でコストに跳ね返ってきます。

  • 商品の価格競争に巻き込まれる
  • マーケティングコストが高騰する
  • 人材採用費が高騰する
  • 人材育成がうまくいかない
  • 資金調達の難易度が上がる



スタートアップの中でもブランディングが上手な企業とそうでない企業とがあり、その差が成長性の差に直結していると言っても過言ではない状況になってきました。今後ますますその差は顕著になってくると思われます。

 

ブランディングは難しい

 

ブランディングとは、ブランドの構成要素について、一貫性を持たせながら洗練させていく取り組みのことです。そしてこの一貫性を持たせる、というのがとても難しかったりします。

まず企業イメージとサービスイメージを一致させる必要があります。さらに言うと、それらのイメージと経営者のイメージも一致させる必要があります。運営しているサービスが経営者の原体験に基づいていない場合、これは本当に難しいです。

ブランディングは長期投資です。

トップがこの視点を持っていなかったりすると、ブランディングの取り組みは失敗します。「効果が出ない」「コストがかかる」と言ってすぐやめたり、コロコロ方針が変わったりするためです。

例えばブランディングの一環としてブログなどで情報発信を行う場合、一貫性を担保するための編集や推敲といった地道な作業が必要です。効果が出るまでに一定の時間も掛かります。

そういう所にかける時間や費用とマーケティングに費やす時間や費用とを、同じように長期的な価値をもたらす可能性のあるものとして比較し、判断することができるかどうか。これが問われるのがブランディングです。

ブランディングは組織内の全てのメンバーで実践するものです。「自分たちらしさ」とは何なのかについて認識を合わせる所から始め、それを意思決定の判断基準としてブレないようにしつつも、恐れず大胆に行動に移していくのが大切です。

 

(参考文献)

ブランドファースト 中小・ベンチャーの成長はブランドから始まる

ブランドファースト 中小・ベンチャーの成長はブランドから始まる